イースター

信仰と愛 Faith & love

今日はキリストの復活祭、イースター。

イエスが十字架に付けられて、その3日後に復活されたことをお祝いする日。
アメリカではどこのお店も閉まるほど。
日本でも最近はディズニーランドのデコレーションでイースターバージョンがあったり、
パステルからーを使ったデコレーションや、イースターエッグの飾りが売ってあったり、
イベントとして少しずつ知られてきていますね。

教会ではポットラックでお祝いをしました。
写真 3私は大麦のサラダを作っていったら、何人かの人にお褒めの言葉をいただきました♡

 

賛美もメッセージをイースターを意識したものでした。

私は5年前ぐらいにクリスチャンになった。
周りには、それはアメリカの宗教であって、日本人がなるもんじゃないって言われたこともあったけど、私は神様なしの生活はもう考えられない。
信じるものがあること、そして無条件に愛されていることを知る事は人を強くさせてくれると思う。

それは、自分がすごいとか、どれだけ成功しているとか、そういうことではなくて、何もできない、失敗ばかりする私だけど、意味があって、この世に今生かされているということ。
神様の計画があって、命を与えられたということ。

今お腹の中にいる赤ちゃんを思うと、本当にそうだな、と思います。
神様が授けてくれたこの命。偶然じゃなくて、与えられた価値のある命。
この子が何もできなくても、お金持ちにならなくても、よい学歴を得なくとも、
価値ある命には変わりない。
神様が愛を持って、ユニークに造られた最高傑作。
それをこの子にも是非しってほしいなと私たち夫婦は思っています。

 

今日の教会でのメッセージから選抜して…

永遠の命とは、彼らが唯一のまことの神であるあなたと、あなたを遣わされた
イエス・キリストを知ることです。(ヨハネの福音書17:3)

Now this is eternal life: that they know you, the only God, and Jesus Christ,
whom you have sent. (John 17:3)

ブログランキング・にほんブログ村へ

0 comments

久しぶりの料理教室

日常生活 Daily life

今日は久しぶりに料理教室に♡

料理教室に行くことが趣味なぐらい好きです。

今の所に引っ越してきて、やっと行くことができた。

私は大人数で調理実習をする形式よりも、先生のご自宅で少人数でゆっくり料理したり食べたりするのが好き♪

今日始めて伺った先生のお宅も素敵なおうちで、「私もいつかはこんな素敵なマイホームで料理教室ができたらなぁ~♡」と夢が広がりました〜

今日習った料理は、私が普段食べてるマクロビやヴィーガンではなかったけど、今回は料理教室に参加してその時間を楽しむことが目的だったので、すごく楽しむことができました。

写真 1

写真 2

写真 3

出産に関するエピソードなどたくさん聞くことができて勉強になりました~。
妊娠、出産とも、やはり人それぞれ。
私もあまり人と比べることなく、この貴重な時間を楽しもうと思いました!

先生はとても素敵な方で、妊婦&始めてということで気を使ってもらって、感謝でした。

改めて自分が好きなこと、将来やってみたいことの夢が確実に広がった素敵な時間でした。

よしっ!頑張るぞー!
まずは、愛する家族のために努力しよう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

0 comments

喜び

信仰と愛 Faith & love

週末土曜日は胎動をあまり感じられず(話に夢中だったから?)、少し心配したな。

でも昨日はよく動いてくれました!

あ〜ベビちゃんはまだ小さいのに、ちゃんとたくましく生きているんだ!と本当に嬉しくなった。

生きてほしい!本当にそう思う。

それを実感するときの心の中がほんわかするような、喜びに満たされた気持ち。

そんなとき、お母さんおお腹の中に私を授けてくれた神様も、生きてほしい、

そしてそれを見るときに、こんな幸せな気持ちになるのかな〜と、思った。

 

そんな日に読んだ聖書に、そのような思いが書いてあった。
あなたはいのちを選びなさい。あなたもあなたの子孫も行き、あなたの神、主を愛し、御声にすがるためだ。(申命記30:19−20)
Choose life, that both you and your descendants may live; that you may love the Lord your God, that you may obey his voice. -Deuteronomy 30:19-20

 

昨日はすがすがしい気分の日曜日でした♡

IMG_6964

ブログランキング・にほんブログ村へ

0 comments